FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鳥籠の王女と教育係 さよなら魔法使い』/響野夏菜

鳥籠の王女と教育係―さよなら魔法使い (コバルト文庫)鳥籠の王女と教育係―さよなら魔法使い (コバルト文庫)
(2010/03/10)
響野 夏菜カスカベ アキラ

商品詳細を見る

◆婚約者のアレクセルと魔法使いのゼルイーク。ふたりの間で、エルレインの気持ちは揺れていた。アレクセルと親しげなオルフェリアにも心がざわついてしまう。そんな折、エルレインそっくりな従弟のシラルが青殻宮を訪れ、四人の関係が微妙に変化し始めた。だがその矢先、ゼルイークがいつ目覚めるともしれない呪いの眠りについてしまった!そしてエルレインの前には、魔王エルゼラスが現れ―。 ◆

うおー面白いなあ!大きく物語が動いた感じ。
そしてまさしくターニングポイント、という感じ。
4人それぞれの選択が、どれも憎めなくて愛しいです。基本的に、それぞれ賢さ(ずるさ、とも言える)をもったキャラなところが素敵。
しかしまあ、そうは問屋が卸さないよねというラストなので、次巻のちゃぶ台返しに超期待。ちゃぶ台返すのはリオあたりが妥当かな?とは思うけど斜め上をいってアレクセル殿下だとすごくたのしそう。(私が)

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。