FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『お茶が運ばれてくるまでに~A Book At Cafe~』/時雨沢恵一

お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)お茶が運ばれてくるまでに―A Book At Cafe (メディアワークス文庫)
(2010/01/25)
時雨沢 恵一

商品詳細を見る

◆あなたはイスに座って、ウェイターが注文を取りにきました。あなたは一番好きなお茶を頼んで、そして、この本を開きました。お茶が運ばれてくるまでの、本のひととき。ドキリとする、ウルッとする、元気になる、胸が痛む、答えを探す、好きな人に会いたくなる、そんな“心動く掌編”18篇を収録。◆

ドキッとしたのは「まほうつかい」、逃げを感じたのは「くすりはひとつ」。(←選択肢は2つだけなの?という疑問が浮かびます)
水彩風の挿絵と相まって全体的にはいい雰囲気の本。というか絵本、でした。

ところでメディアワークス文庫が早くも迷走を始めてる気がするのは私だけですか?

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。