FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『鏡の国の女王陛下』/山本瑤

鏡の国の女王陛下 (コバルト文庫)鏡の国の女王陛下 (コバルト文庫)
(2009/12/01)
山本 瑤

商品詳細を見る

◆親類の家に居候する少女ティファニー。歳の離れた友人ローズマリーの家で、ティファニーは「魔法の鏡」をのぞきこむ。そこには、見たことのない、鮮やかな王国の風景が映っていた!ローズマリーは、ティファニーに遺産を遺し、突然亡くなった。受け取りを辞退するティファニー。しかし、もうひとりの遺産の受取人のアデルとともに、「魔法の鏡」の前で、不思議な光に包まれて…。 ◆

おとぎばなし風の世界と、しっとり淡々とした描写とが妙に合っていて、地味なんだけれども割といい雰囲気だったんじゃないかと思います。
…売れるかどうかは別問題として(←)
華が足りないのは絶対的に間違いないので、あまり伏線残さないで1冊の密度をあげるとよかったんじゃないかなぁ…とか。余計な心配をしてしまう…

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。